作業員

迅速で丁寧な応対です

注文住宅などの一戸建ては、築年数が経過すると老朽化してくるので、地元で評価の高いリフォーム会社を選ぶことが大事です。高品質な屋根材や床材、外壁の塗料などを取り扱っており、コストを削減しているので費用を抑えた施工が可能です。

ニュース一覧

作業員

床をきれいにするために

快適な住まいにするには、床をきれいにするのが大前提です。フロアコーティングをする必要があるので、まずは業者に相談に乗ってもらいながら実践しましょう。選んだ業者、そして素材によって価格が変わってくるので、よく考えてから決めたいところです。

リフォーム

より快適な生活を得るには

福岡で今住んでいる場所をより快適にしたいという時に便利なのがリノベーションです。業者では依頼者に安心してもらうために資料請求や無料見積もり等様々な工夫をしています。思い切りリノベーションする事で快適になったという声は多いです。

室内

建物の効果的な保持方法

床へのコーティングは、室内を美しく保つポピュラーな方法です。ただ種類があり、よく特徴を把握することで失敗を避けることができます。施工業者選びにも考慮する必要があり、ここでは、見積内容を確認し、必ず契約書もしくは注文書を取り交わした上で依頼をすることが大切になります。

作業員

失敗しないポイント

リフォーム会社の選ぶ際のポイントは実績と信頼がある会社を選ぶ事が重要です。依頼する会社のデザインを事前にカタログや専門誌などで確認しておけば完成後のイメージのズレを無くす事ができます。料金や小回りの良さで選ぶなら地域密着型がおすすめです。

材料によって費用は違う

床

業者ごとに見積もりを取る

フローリングの家庭が増えていることもあり、床のコーティング工事は主流になってきています。床をコーティングすることで床の状態をキレイなまま、長持ちさせることができるのです。また、傷がつきにくくなります。そこで、コーティングの費用について調べてみましょう。業者によって異なることが分かります。それに、床のコーティングといっても使う材料はそれぞれ違うのです。いろいろな種類があるので、どの材料を選ぶべきか、業者とよく相談して決めましょう。それに床面積が広ければ広いほど費用もかかります。広いとそれだけ使う材料の量が多くなるからです。そこで依頼前にいくつかの業者から見積もりを出してもらうことをおすすめします。インターネットで無料の見積もり依頼ができる業者はたくさんあるので、とても楽です。複数の業者から出してもらえば、比較しやすくなります。例えば、UVタイプのフロアコーティングで3LDKの床面積という場合なら、費用は30万円以上かかることが一般的です。これを目安にして比較してみるといいでしょう。他にはガラスコーティングやシリコン、ウレタンといったタイプもあります。それぞれ長持ちの度合いも違ってくるので適切なものを選択しましょう。一回コーティングするだけで30万円もかかるのは高いと思う人も居るかもしれません。しかし、これで10年近く状態を長持ちさせられるのなら、一日辺りに換算すると決して高いものではないことが分かるはずです。